土地をお持ちの方で、「現金が必要になったけれど、土地は代々引

土地をお持ちの方で、「現金が必要になったけれど、土地は代々引き継いできているものだから、売却はしたくない」という方もいると思います。
そんな方は、等価交換をして土地活用をしてみませか。
では、等価交換としての活用について、ご紹介しましょう。
マンション査定等価交換とは、どういったものかというと、所有している土地の上に共同の建築物などを建てます。
そして、その建物に応じて得た収入を、それぞれ配分するという方法。
例えば、賃貸マン所やオフィスビルなどを建て、その家賃収入などを得る方法となります。
等価交換のメリットとしては、今手持ちに資金がなくても、少ないリスクで活用出来るということが上げられます。
等価交換として活用する際には、一定の条件を満たしていることで、課税の繰り延べなども認められます。
また、譲渡所得税などがかかりませんから、税金を抑えることが可能となります。
賃貸として利用する部分に関しては、貸家評価という大賞になり、相続税に関しても圧縮された状態となりますので、大きなメリットとなるでしょう。
しかし、等価交換として活用した場合には、建物を共同することになりますが、土地の所有者に関しては、その土地の比率に応じて共有特分と判断されることになります。
そのため、土地の大きさや建物の環境によっては収入などが変わってくることになります。
このように、土地活用をする際には、等価交換という方法もあります。
初期投資などがない方にとっては、魅力的な活用方法といえるでしょう。